糖尿病対策のご紹介

最近増えている【妊娠糖尿病】ってどんな病気?

更新日:

妊娠糖尿病に悩む女性

妊娠糖尿病とはどんな病気?

妊娠糖尿病とは、妊娠するまで糖尿病ではなかった人が、妊娠することで血糖値が高くなる糖代謝異常です。

妊娠前から糖尿病だった方や、妊娠中に糖尿病と診断された方は含めません。
軽い症状の場合は、出産後に正常に戻ることが多く、特別心配する必要はありません。

ですが、あまり気にしないことも危険な場合があります。
出産後も血糖値が高いままだと糖尿病へと進行する可能性があるからです。

妊娠糖尿病になる原因とは?

妊娠糖尿病の原因は、妊娠中にホルモンバランスが崩れてインスリン抵抗性というインスリンが効きにくい状態になると起こりやすくなります。

正常な場合は、食べたものはブドウ糖となってエネルギーになります。
妊娠すると、胎盤からインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、インスリンを壊す酵素が作られたりします。
そのため、インスリンが効きにくい状態となって血糖値が上昇しやすくなるのです。

肥満傾向の方や、身内に糖尿病になったことがある方がいる場合、
妊娠中の血糖値が上昇しやすいと言われています。

ですが、痩せている方やで身内に糖尿病の方がいない場合でも発症が見られる為、
妊婦さんなら誰でも掛かっておかしくない病気と言えると思います。

症状が軽ければ、出産後に正常値に戻りますが、診断後の医師の指示や指導に従わず放っておくと母体や胎児にも悪影響を及ぼします。

妊娠糖尿病による母体と赤ちゃんへの影響

赤ちゃん

妊娠糖尿病になるとお腹の中の赤ちゃんも高血糖となって、様々な影響が出てきます。

母体への影響

妊娠高血圧症候群、羊水過多、肩甲難産、胎盤早期剥離、帝王切開など

赤ちゃんへの影響

流産、巨大児、発育不全・奇形、低血糖、心臓病、胎児死亡など

などがありますので、決して安易に考えないようにしてください。
そして、医師の指導に従って血糖値の管理を怠らないようにしましょう。

妊娠糖尿病の治療法

具体的な治療法としては、2つあります。

食事療法

野菜

治療法の一つが食事療法です。下記の点を気をつけましょう。

  • 糖分を少なくして、栄養バランスのよい食事を心がける
  • 炭水化物は、糖として吸収されるので摂取量を控えめにする
  • 1日の決められた摂取カロリーを守る
  • スポーツドリンクや果物は、糖分を多く含むものがあるため注意する

つわりが収まると食欲が戻ってきて、つい食べ過ぎてしまいがちです。
ですが炭水化物や甘い物の量の摂り過ぎには注意しましょう。

食事制限で改善が見られなければ、インスリン注射や入院といった治療に移行します。

運動療法

ジョギング

食事療法と合わせて運動を行うことが有効です。

妊娠中なので激しいスポーツは当然厳禁ですが、ウォーキングや妊婦用ストレッチといった軽い運動は積極的に行いましょう。

血糖値対策サプリで糖尿病対策をサポート

アラプラス糖ダウン

糖尿病の合併症が気になる方は、血糖値の管理を徹底しましょう。
その対策として血糖値を安定させるサプリメントを日常的に飲むことも有効です。

ご紹介しているアラプラス糖ダウンは、サプリメントですので副作用の心配はありません。

気になる方は、掛かり付けの病院の医師にご相談の上ご使用くださいね。

>>【一糖両断】アラプラス糖ダウンは本当に効果があるのか?

-糖尿病対策のご紹介

Copyright© アラプラス糖ダウンの効果を一糖両断 , 2019 All Rights Reserved.